日記

2022-02-25 22:25:00

【2月25日】指の拮抗筋トレーニング

どうも会長です。

 

ここ数か月、もっと強くなりたいがために腹筋ローラー年間10000回チャレンジを筆頭にさまざまなトレーニングを導入して試行錯誤いるのですが。

 

ただ単に「最大出力をUPする」とか「筋持久力をUPする」とか、いわば攻めのトレーニングだけではもうじきアラフォーのわたくし会長にとってはケガのリスクも高い(と個人的には感じる)ので…。

守りのトレーニング(って勝手に名付けました)として、ケガを予防するためのトレーニングもいくつか取り入れてみました。

 

その1つが、指のケガ防止のための「拮抗筋」のトレーニングですね。

こんな感じで「指を開く」トレーニングをしています。

 

拮抗筋とは読んで字のごとく「反対の動作をするための対となる筋肉」を意味するのですが。

わかりやすい例としては腹筋&背筋のように、身体のどこかを曲げたり伸ばしたりする時に使われる筋肉ですね。

 

ボルダリングを続けていると「指を曲げる(閉じる)」ことばかりにフォーカスしがちですが(実際めちゃくちゃ必要になってくる)、拮抗筋となる「指を伸ばす(開く)」力も鍛えた方がよいとされています。

パフォーマンス向上のため、というよりはケガ予防の意味合いが強いかもしれませんが、わたくし会長にとって指のケガは致命的な損害なのでちゃんと続けることにします。

 

使用しているゴムチューブは3種類の強度がありますが、いちばん弱い強度でも充分ツライですw

20220224_221948.jpg

上のメリケンみたいなものが指を開く用で、下のリング状のものは握って握力を鍛える用です。

画像左(黄緑)から順に強度がUPしていきます。

 

リング状のゴムはあまり使う機会が無いかもしれませんが、3種セットでも1500円ほどだったのでまぁいいかと思って購入しました。


 

今年1年ケガなく登るために...というか予防できるケガは全部予防するくらいの勢いで身体をケアしてトレーニングして登り続けないとここから先の強さは手に入らないような気がするし、なによりベストを尽くさなかった自分に後悔すると思うので...。

歩みは遅くとも、今できることをコツコツ継続していきます(>_<)

効果があればblogなりYouTubeなりで共有するので、なにかの参考になれば幸いです。

 

今日も強くなりましょう。

2022-02-17 19:00:00

【2月17日】blog更新

どうも会長です。

20220210_223010.jpg

ウン万年ぶりにblogを更新しました。

ワクチン3回目の副反応が強烈だった話

タイトルの通り、コロナワクチン3回目接種後の副反応を雑にレポした内容です。

 

副反応そのものも強烈で辛かったのですが、やっぱり登れないとかトレーニングできないってのがさらに辛かった...。

3回目のワクチンを打たれる方、ガンバです(^^)

 

今日も強くなりましょう。

2021-10-11 22:00:00

【10月11日】季節の変わり目に寄せて

どうも会長です。

 

すっかり秋めいてきた今日この頃です。

季節の変わり目は体調管理に注意が必要ですが、わたくし会長はというと思いっきり体調を崩しておりました。

 

おおむね健康体のわたくし会長が抱える唯一の持病である

痔の悪化

です。

20211010_172857.jpg

痔とお付き合いを始めて十数年(長い)が経ちますが、間違いなく人生最高レベルの悪化でした。

状態を確認しようと、恐る恐る患部を鏡で見てみると...。

 

そこには

これもうアウトじゃんね

って惨劇が映し出されておりました。

わりと本気で血の気が引いたくらいにして。

 

もうホントなにもしていなくても痛くてツラかったので、登るどころか日常生活にも尋常じゃないほどの影響がありました。

もう一度言いますが

なにもしていなくても痛い

のだからどうしようもなかったですw

座ってようが立っていようが、なんなら眠っていても痛みで目が覚めるのだからどうにもならないw

 

「これもう手術か...でもそうなったら仕事もボルダリングもしばらくお休みだ...」と今年一番ヘコんでいた数日間でしたが...。

日頃の行いが良いのか、どうにか徐々に痛みは治まり、現在は軽く登れるまでには快復しております。

ケガでも病気でも仕事の都合でも、ちょっと登れない期間があるとやはり焦っちゃいますね...。

 

みなさまにおかれましては、くれぐれも体調管理とケガにはご注意くださいませ。

「無事これ名馬」の格言が示す通り、強くなるためには健康で楽しく登り続けられることが大事、と改めて実感した出来事でございました。

 

今日も強くなりましょう。